睡眠薬の種類と基礎 - 睡眠薬は78ショッピングで通販できる

HOME » おすすめ通販ショップ » 睡眠薬の種類と基礎

睡眠薬の種類と基礎

・眠れない時の救世主!睡眠薬
この世に生を受けるありとあらゆる生き物は、睡眠を取らなくては生きていくことはできません。もちろん、人間も生きていく上で睡眠が必要不可欠です。
しかし「睡眠が必要」と頭ではわかっていても、眠ることができないという方は多いとおもいます。
眠ることができない人の味方となってくれるのが、睡眠薬です。睡眠薬には主に超短時間型・短時間型・中時間型・長時間型の4種類があります。
中々寝付けないときは短時間型・夜中に目が覚めるという人ならば、中時間型がおすすめです。

・睡眠薬は怖い
「睡眠薬」と聞いて、恐ろしいイメージを抱いているという方も多いでしょう。特に睡眠薬がもたらす副作用は、「生命の危険」をひしひしと感じているかもしれません。
確かに一昔前の睡眠薬であれば、必要以上に飲みすぎてしまうと生命の危険があったのは事実です。
しかし最近の睡眠薬は飲んだからと、生命に危険が及ぶことはないので大丈夫です。
ただし副作用に関しては、注意しておいた方が良いでしょう。
主に集中力の低下・眠気・脱力感などがあり、少しでも違和感を覚えたら医師に相談するようにして下さい。

・睡眠薬の服用で気をつけたいこと
睡眠薬の効果を確実に安全に飲むようにすれば、副作用のリスクはかなり抑えられるでしょう。
絶対に避けたい飲み方としては、お酒と一緒に飲むこと・必要以上に飲むことの2点です。
お酒と一緒に飲んでしまうと、睡眠薬の作用と相まって朦朧とした状態になる場合があります。
ふらつきや記憶障害に陥ることもありえるので、絶対にやめて下さい。また睡眠薬を飲んで効果が感じられないからと、必要以上に飲むのも厳禁です。
睡眠薬だけでなく全ての薬の種類に言えることですが、自己判断で薬の量を決めるのは絶対に辞めましょう。

・睡眠薬を辞める時は?
睡眠薬の服用を辞める場合、ある日突然いきなり辞めるのはおすすめできません。薬がないことの不安感から、却って眠れなくなることがあるからです。
辞める場合は自分の体としっかり向き合った上で、少しずつゆっくり薬の量を減らすのがベストです。