睡眠薬とアルコールの併用は絶対禁止! - 睡眠薬は78ショッピングで通販できる

HOME » おすすめ通販ショップ » 睡眠薬とアルコールの併用は絶対禁止!

睡眠薬とアルコールの併用は絶対禁止!

・睡眠薬の代わりにアルコールを飲んでも良いの?
睡眠薬の代わりに、アルコールを代用している方もいらっしゃるかとおもいます。お酒を飲むと妙に眠たくなることもあるので、睡眠薬の代用としては使えるでしょう。しかし質の高い睡眠をと考えているのなら、正直な所おすすめできません。
飲んだ直後に眠くなって寝ても、数時間経つと眠りが浅くなります。また利尿作用があるアルコールの場合、夜中に目がさめることもあるでしょう。また飲み始めの頃は睡眠薬代わりになっていても、回数が増えると効かなくなります。睡眠障害が起こるおそれもあるため、睡眠薬にアルコールを使うのは控えて下さい。

・睡眠薬とアルコールの併用は禁止!
睡眠薬とアルコールを一緒に摂取することも、絶対に駄目です。病院側はもちろん、酒造会社側も睡眠薬とアルコールの併用に強い「NO」を示しています。確かにアルコールと睡眠薬を一緒に飲めば、効き目はかなり強くなり、ぐっすりと眠れるでしょう。しかしアルコールと睡眠薬が一緒に体に入ると、先に分解されるのはアルコールです。薬は二の次に分解されるため、朝になっても効き目が続きます。
さらに、副作用の危険性もあるので注意が必要です。どういう副作用が出るかは人によりますが、よくある副作用として挙げられるのが「睡眠効果の低下」です。アルコールは睡眠薬の効果を打ち消すため、布団の中に入っても寝付けなくなってしまいます。

・併用による弊害
睡眠薬とアルコールとの併用は、禁止です。もし付き合いで飲み会がある場合、睡眠薬の服用は絶対にやめて下さい。最近はアルコールと一緒に飲んでも副作用のリスクが少ない睡眠薬もあるものの、絶対に大丈夫という保証はできません。
例えアルコールと飲んでも副作用が出ない睡眠薬を飲んだとしても、朦朧とした状態で行動すると事故に繋がります。最近は年を重ねた人の事故の話を聞きますが、睡眠薬が絡むとなると、若い人も注意が必要です。自身だけでなく周囲の安全を考えるのならば、睡眠薬とアルコールは一緒に飲まないようにしましょう。