睡眠薬を飲んだら胃痛発生! - 睡眠薬は78ショッピングで通販できる

HOME » おすすめ通販ショップ » 睡眠薬を飲んだら胃痛発生!

睡眠薬を飲んだら胃痛発生!

・どんな薬にもある副作用

どんな薬でも、必ず「副作用」があります。しかも副作用のリスクが高いのは、所謂「効き目が抜群の薬」で、中々厄介です。当然ながら、睡眠薬も例外ではありません。
医師が薬を処方する際、「本当に薬が必要な状態になっているか」を豊富な医学知識を基にして検証します。でも医師の判断で出した薬であっても、副作用だけはどうしても避けられないのが現状です。

・副作用の症状を別の薬で抑えるのは危険です

副作用は、薬の飲み方をきっちり抑えておけば、ある程度は抑えられます。しかし見方をかえれば、間違った飲み方をすると危険な副作用に陥る場合もあるということです。睡眠薬ではありませんが、薬の量を間違えて病気が悪化したケースは実際に起きています。
病気が悪化した理由が薬の副作用とわかれば良いのですが、副作用と気が付かず別の薬を投与したがために、別の病気が発症してしまいました。薬の服用をやめれば解決した話であるにも関わらず、更に薬を増やしたがために、悪化してしまったという訳です。

・睡眠薬にもある副作用

副作用は当然ながら、睡眠薬にもつきものです。睡眠薬の副作用としては体のふらつきや昼間の眠気などがありますが、意外と知られていないのが胃痛です。副作用として昼間の眠気が出ていれば、睡眠薬の副作用と気づくのに時間はかからないでしょう。しかし胃痛が出た場合、理由として真っ先に思い浮かぶのが食べ過ぎ・飲み過ぎ・ストレスあたりかとおもわれます。そして胃痛をなんとかしようと、胃薬の服用を始めようと考えるでしょう。
胃痛の原因が食べ過ぎや飲み過ぎであれば、胃薬で抑え込むことはできます。ただ胃痛の原因が睡眠薬だった場合、胃薬の服用は却って悪化を招くだけです。自己判断で薬の量を決めるのは、絶対にやめて下さい。

・服用には十分な検討を

睡眠薬を飲み始めて胃痛が出た場合、睡眠薬の副作用を疑った方が良いでしょう。そして自身の体の状態をしっかりと見極めた上で、本当に睡眠薬が必要かどうかを検討する必要があります。
睡眠薬と上手く付き合うためにも、自身の体と向き合いましょう。