睡眠薬の選び方 - 睡眠薬は78ショッピングで通販できる

HOME » おすすめ通販ショップ » 睡眠薬の選び方

睡眠薬の選び方

・4種類しかない睡眠薬
睡眠薬の種類は大きく分けて、4種類しかありません。細かく分けると数百単位に及ぶものの、4種類だけでも抑えておけば睡眠薬の選び方が見えてくるでしょう。
睡眠薬には、超短時間作用型・短時間作用型・中間作用型・長時間作用型があります。4つの違いは、効き目の時間です。

・超短時間作用型と短時間作用型
超短時間作用型は服用後30分で効果が現れ、1時間後に眠気のピークが訪れます。3〜4時間で効果が消えるものの、ぐっすり眠ることができれば苦には感じないでしょう。効果が短時間しかないので、翌朝早く起きなければならない用事がある場合は、超短時間作用型がおすすめです。
短時間作用型は、服用後1時間以内に効果が現れ、2時間後に眠気のピークが訪れます。効果の継続時間は6時間です。布団に入っても中々寝付けず、深夜に目が覚める人なら短時間作用型はおすすめと言えるでしょう。

・中間時間作用型と長時間作用型
中間時間作用型は、服用後2時間以内に効果が現れ、3時間後に眠気のピークが訪れます。効果が消えるのは12時間後です。効果が長く続くため、深夜に目が覚めてしまう人におすすめの睡眠薬です。
長時間作用型は、服用後2時間後に効果が現れ、3時間半後に眠気のピークが訪れます。効果は12時間以上経っても、消えることはありません。予定していた時間よりも目が覚めてしまう人なら、おすすめの睡眠薬と言えるでしょう。

・質の高い睡眠は生活習慣の改善を
睡眠薬はあくまでも不眠症を改善するための薬であり、眠りの質を高めてくれる薬ではありません。長時間ぐっすり眠っても疲れが取れないからと、睡眠薬を頼っても改善されることはありません。睡眠の質を高めるには、自身の生活習慣を改めるのが1番の近道です。
質の高い睡眠を得るには、夜眠る直前にパソコンやスマホを見ないようにします。また寝具をかえるだけでも、質の高い睡眠が得られる可能性はあります。ただし無理に寝ようとすると、余計に眠れなくなるので要注意です。自然に任せてリラックスした状態で、布団に入ることを心がけて下さい。