おすすめ通販ショップ についての記事一覧 - 睡眠薬は78ショッピングで通販できる

HOME » おすすめ通販ショップ

おすすめ通販ショップ

睡眠薬の効き目は?

・液体タイプの睡眠薬は効果があるのか?
「液体タイプの睡眠薬は効き目が強い」と、ネットを中心に噂が広がっています。飲み薬は体に吸収されやすく、効き目は錠剤とは比べ物にはならないというものです。しかし実際のところ、効き目に関しては錠剤も飲み薬もほとんど大差はありません。
錠剤タイプの薬は体の中に入り薬が必要な箇所に来たら、自然に溶け出すように作られています。だから、錠剤だから体に吸収されにくいという訳ではありません。睡眠薬の効き目は薬の形ではなく、どういう系統の薬かによって変わります。

≫ 『睡眠薬の効き目は?』

睡眠薬の選び方

・4種類しかない睡眠薬
睡眠薬の種類は大きく分けて、4種類しかありません。細かく分けると数百単位に及ぶものの、4種類だけでも抑えておけば睡眠薬の選び方が見えてくるでしょう。
睡眠薬には、超短時間作用型・短時間作用型・中間作用型・長時間作用型があります。4つの違いは、効き目の時間です。

≫ 『睡眠薬の選び方』

うつと睡眠薬

・うつの症状
うつは、誰でも起こり得る症状です。
日本国民の16人に1人が、経験しているとも言われている身近な病気です。
うつ病の症状としては、気分の落ち込み・倦怠感・不安・自分を責めるなどがあります。
気分が落ち込むことは誰しもがあることですが、うつ病の場合は1日中・数週間以上にかけて気分が落ち込みます。

精神的なものだけでなく、肉体的にも症状が出ることがあります。
肉体的な症状の1つとして挙げられるのが、「早期覚醒」です。
眠る時はぐっすり眠ることができるものの、数時間で覚めてしまうというものです。

≫ 『うつと睡眠薬』

車の運転前の睡眠薬は絶対厳禁

・お笑い芸人の例
お笑い芸人が交通違反を起こし、ワイドショーを騒がせたことがありました。違反となったのが睡眠薬で、芸人は車を運転する前に服用してしまいました。
本人は薬の効き目が出る前に時間がかかるという認識もあり、油断していたとのことです。
なお医師からは、「車を運転する前の睡眠薬の服用は禁止」と指導を受けていました。
なお芸人の話によれば、車の運転中の記憶は断片的にしか覚えてないとのことです。
ちなみに事故にはなっておらず、違反だけで済んだとの話です。

≫ 『車の運転前の睡眠薬は絶対厳禁』

睡眠薬はいつ飲むのか

・薬はいつ飲むのか

薬をいつ飲むかについては、「薬による」が正直な所です。
例えば「食前」と書かれている薬を飲む場合、胃袋の中に食べ物が全く無い状態である食事前に飲むことがすすめられています。「食後」であれば食事後すぐに飲むのではなく、食事した後30分以内に飲むことがすすめられています。胃袋に刺激がある薬であるため、胃の中に食べ物が入っている状態で飲むのが望ましいからです。「食間」の場合は、食事後2時間経過してから飲む薬です。

≫ 『睡眠薬はいつ飲むのか』

睡眠薬を飲んだら胃痛発生!

・どんな薬にもある副作用

どんな薬でも、必ず「副作用」があります。しかも副作用のリスクが高いのは、所謂「効き目が抜群の薬」で、中々厄介です。当然ながら、睡眠薬も例外ではありません。
医師が薬を処方する際、「本当に薬が必要な状態になっているか」を豊富な医学知識を基にして検証します。でも医師の判断で出した薬であっても、副作用だけはどうしても避けられないのが現状です。

≫ 『睡眠薬を飲んだら胃痛発生!』

眠れないのはいびきのせい!?

・いびきがうるさい!

家族の方から、「いびきがうるさい」と注意されたことはないでしょうか。いびきは自分では気が付かず、人に言われて始めて自覚するものです。いびきがうるさくなると、一緒に眠っている人に迷惑をかけてしまいます。
しかし迷惑をかけるだけならばまだしも、十分な睡眠が確保できないことも考えられます。睡眠時間が取れないとなると頼りたくなるのが、睡眠薬です。でも睡眠薬に頼る前に、いびきが出ているかどうかだけでも、確認してみることをおすすめします。

・いびきの理由は?

いびきをかく理由は、喉が狭くなっているためです。喉が狭くなっている部分に空気が通過すると、喉が振動して音がでます。喉の振動こそが、いびきの正体です。肥満・飲酒・風邪で鼻がつまっている人は、要注意です。
ただ、いびきが全て悪いものであるとは限りません。一緒に眠っている人にとっては厄介なものですが、健康に害が出ることはないので心配無用です。ただし病気が原因でいびきが出ていれば、要注意です。いびきの元になっている病気を治すことこそが、いびきを根絶する最善の方法と言えるでしょう。

・睡眠時無呼吸症候群

いびきで最も警戒しなければならないのが、睡眠時無呼吸症候群です。眠っている間に、呼吸が止まってしまう病気です。起きている時に強い眠気に襲われ、集中力が続かなかったら、無呼吸症候群にかかっている恐れがあります。就寝中に何度も目がさめるのも、睡眠時無呼吸症候群の症状です。
だから眠れないからと、睡眠薬に安易に頼るのはおすすめできません。もし眠れないのならば、「なぜ眠れないのか」を突き詰める必要があります。

・睡眠時無呼吸症候群の治療方法

睡眠時無呼吸症候群の治療法としては、症状が軽い場合は横向きに眠るだけで収まります。また、いびき防止のマウスピースを使うだけでも、効果があります。
またダイエットして体を絞るのも、治療法の1つです。睡眠時無呼吸症候群の原因の1つに、「肥満」があります。食事量を減らし運動をしっかりと行えば、体重が減るだけでなく良質な睡眠も手に入るでしょう。

睡眠薬と依存について

・睡眠薬は依存性が高い

睡眠薬は依存性が非常に高く、下手に飲んでしまうと辞められなくなります。依存を治すために睡眠薬を中断すると、不眠・不安・頭痛などの離脱症状は避けられません。強い意志力を持ってすれば乗り越えることは不可能ではないものの、鋼以上の精神力がない限りは難しいでしょう。
睡眠薬の服用を考えているのなら、依存症についてしっかり考える必要があります。

≫ 『睡眠薬と依存について』

朝起きれない人のための睡眠薬は?

・朝中々起きれない人へ
思い通りの時間に朝起きれる人は、いるようで意外と少ないかとおもいます。目覚ましが鳴り響いていても、あと5分眠らせてと、布団の中に潜り込むのがオチです。
朝起きれない理由はそれぞれあるでしょうが、考えられるのは「夜更かし」です。眠れないからと夜遅くまで起きていれば、朝時間どおりに起きるのは困難な作業と言えるでしょう。しかし「早く眠らなくては」と変に焦ってしまうと、余計に眠れなくなるのがオチです。そこで登場するのが、睡眠薬です。

≫ 『朝起きれない人のための睡眠薬は?』

睡眠薬とアルコールの併用は絶対禁止!

・睡眠薬の代わりにアルコールを飲んでも良いの?
睡眠薬の代わりに、アルコールを代用している方もいらっしゃるかとおもいます。お酒を飲むと妙に眠たくなることもあるので、睡眠薬の代用としては使えるでしょう。しかし質の高い睡眠をと考えているのなら、正直な所おすすめできません。
飲んだ直後に眠くなって寝ても、数時間経つと眠りが浅くなります。また利尿作用があるアルコールの場合、夜中に目がさめることもあるでしょう。また飲み始めの頃は睡眠薬代わりになっていても、回数が増えると効かなくなります。睡眠障害が起こるおそれもあるため、睡眠薬にアルコールを使うのは控えて下さい。

≫ 『睡眠薬とアルコールの併用は絶対禁止!』